« TEENSキャンプ | トップページ | Notebooks »

2006年9月19日 (火)

第3回あしなが日本祭り開催

9月16日(土)、子どもたちが待ちに待った、『あしなが日本祭り』を開催!この日は300名のエイズ遺児がレインボーハウスを訪れ、保護者や来賓も合わせると約500名が参加してくれました。

Dsc03732_1 今年で3回目になるこの文化祭は、日本とウガンダの文化交流を目的に2004年にスタートしました。今回のテーマは『バナァンゲッ!』(ガンダ語で驚きを表す言葉)。新しい発見を通して、生活の中に喜びや楽しみを見つけ出して欲しい、そして子どもたちに希望を抱いて欲しいという、日本人研修生の思いが込められています。

当日は、マーチングに始まり、午前中は書道や流しそうめんといった出し物に挑戦。“野菜の掻き揚げ”など各国料理に舌鼓を打ったあとは、ステージでエイズ遺児がダンスや劇を披露。最後は子どもたちが夢や願いを書いた手紙をタイムカプセルにしまい、大きな拍手の中無事に終了しました。

Dsc03772

主賓の、在ウガンダ日本国大使館菊池龍三全権大使からは、「各国のボランティアが子どもたちに素晴らしい機会を与えています。そして、同じように彼らもまた子どもたちからたくさんんのものを受け取っています。子どもたちにも、若いボランティアにもきっと輝かしい未来が待っているでしょう。」と激励のお言葉をいただきました。

終了間際、夕立に見舞われたものの、終始、参加者の歓声や笑い声が絶えず、暖かい雰囲気に包まれた楽しい文化祭になりました。不眠不休で準備を続けてきた、日本人研修生、ドイツ人、デンマーク人ボランティアたちにとって、子どもたちの笑顔がなによりの成果であったようです。

*写真は、エイズ遺児、日本人研修生、ドイツ人、デンマーク人ボランティアが合同で披露した劇の様子。その他写真は、プログサイドバーにて、ぜひご覧ください。

|

« TEENSキャンプ | トップページ | Notebooks »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143075/3494298

この記事へのトラックバック一覧です: 第3回あしなが日本祭り開催:

« TEENSキャンプ | トップページ | Notebooks »