« バナナ畑で眠る | トップページ | 第4回日本祭り開催 »

2007年11月22日 (木)

コモンウェルス首脳会議

P1010076

今日からウガンダではコモンウェルス(英国連邦)首脳会議がスタートし、カンパラ周辺はどこも物々しい交通規制がひかれています。この会議は旧・現英国領の首脳が一同に会す、云わば英国連邦サミットです。2年に1回開催されているのですが、今回はウガンダがホスト国を務めています。

主賓はエリザベス女王。会議関係で紙面をにぎわすのは、議題をそっちのけで、“女王は本当に来るのか否か”“女王はどこに泊まるのか”などといった内容だったので、昨日無事にエリザベス女王が到着し、ウガンダ政府もホッとしたことでしょう。

もちろん、各国首脳が参加する本会議はあしながウガンダは関係ないのですが、火曜日まで行われたユースフォーラムに新しいパンフレットを持って参加してきました。

約140名、50カ国以上のユース世代が参加したユースフォーラムでは、他NGOと並んで展示ブースを与えられ、横断幕を後に活動紹介などを行いました。エイズ遺児を支援しているという点に特に興味を示す参加者が多く、各国ユース世代の関心がどこにあるのかを肌で感じることができた有意義な時間でした。

寺子屋(識字教育)プログラムのスタートに伴い、今後対外的な広報にも力を入れていかなければいけないと感じています。

|

« バナナ畑で眠る | トップページ | 第4回日本祭り開催 »

コメント

 コモンウェルス会議ついに始まりましたね。さぞ、ウガンダは盛り上がっていることと思います。これを機に多くの人々にASHINAGAウガンダの活動を知ってもらい、多くのAIDS遺児が自立へのきっかけを掴める様になる事を祈っています。
 寺子屋教育は国連なども推奨している活動です。これから注目を浴びることは間違いないと信じています。
 
 日本では100キロハイクが始まります。次期海外研修生も参加します。みんな必死に自分がウガンダの地にいることを想像しています。4期研修生も残りの時間、悔いの残らないようにウガンダと向き合ってください。

投稿: KAKU | 2007年11月23日 (金) 23時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143075/9060300

この記事へのトラックバック一覧です: コモンウェルス首脳会議:

« バナナ畑で眠る | トップページ | 第4回日本祭り開催 »