« 寺子屋ホール建設進捗状況 | トップページ | 卓球台完成! »

2008年4月26日 (土)

ケアプログラム(14歳~)

Img_3682

今週末で一学期が終わった学校が多く、今日のケアプログラム(14歳以上のエイズ遺児を対象)には、いつもより多い48名のエイズ遺児が参加しました。

第5期研修生らと会うのが初めてという遺児が多かったので、プログラムが始まる前に自己紹介の時間を10分ほど。前回のケアプログラム(13歳以下のエイズ遺児を対象)の時よりも、英語・ルガンダ語ともにずっと上手になったようで、たった3週間ですが研修生らの成長を感じました。

春名くんは、自己紹介の最後に得意の歌を披露して、やんやの喝采を浴びていました!英語が国際語として世界で広く使用されて久しいですが、ウガンダにいると、言語以上に歌や踊りがコミュニケーションのツールとして役立つ場面に出くわします。言葉を学ぶことはもちろん大切ですが、そればかりにとらわれずに、ぜひ日本人のボランティアには体当たりのコミュニケーションでぶつかっていってほしいと思います。

さて、今日のケアプログラムのテーマは「目標をもつことの重要性」でした。人生において目標や夢を持つことの重要性と、いかにそれを達成していくかということについて、講義や遺児同士の話し合いの場を持ちました。学期末試験の成績が出たばかりのタイミングにはなかなか良いテーマだったと思うのですが、子どもたちはすっかり学期休みモードで、話し合いよりも、昼食後に行った“達磨さんが転んだ”のほうが盛り上がったようです(苦笑)。

|

« 寺子屋ホール建設進捗状況 | トップページ | 卓球台完成! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143075/20590289

この記事へのトラックバック一覧です: ケアプログラム(14歳~):

« 寺子屋ホール建設進捗状況 | トップページ | 卓球台完成! »