« 2007年12月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月29日 (火)

エイズ遺児日本留学プログラム2

Img_3679

以前ご紹介したクリスティンさんと共に、今年度の日本留学プログラムの候補生として採用されたルベガ・ロナルド君が、早稲田大学・国際教養学部に間もなく出願します。必要書類を揃え、願書をウガンダより発送する予定です。

ロナルド君は、2001年8月に行われた第2回目の、国際遺児キャンプ(International Summer Camp for Orphans)にエイズ遺児として初めて参加。ナンサナの貧しいエイズ遺児の代表として、あしながウガンダの歴史と共に歩んできました。

01年に東京で開催された「エイズ遺児国際シンポジウム」(あしなが育英会主催、外務省・文部科学省後援)で、彼は当時の生活を次のように語っています。

「僕が2歳の時、お母さんが亡くなり、その1年後に、お父さんも亡くなりました。エイズでした。でも、つい最近まで、エイズで死んだことは知りませんでした。お姉さん2人もエイズで亡くしました。ドロと木の枝で作った僕の家には、弟2人、姉妹4人の7人で住んでいます。(中略)エイズは僕の人生を変えました。僕の前には問題がたくさんありすぎて、この場では全部言えません…。」(NEWあしながファミリー第61号より抜粋)

当時14歳の彼が、深い絶望の淵にいたことは想像に難くありません。

続きを読む "エイズ遺児日本留学プログラム2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月27日 (日)

卓球台完成!

Img_3688_2

ドイツ人のボランティア2名が、子どもたちのために卓球台を作ってくれました!製作期間は約3週間、寺子屋教室の生徒や日曜日にレインボーハウスを訪れるエイズ遺児らに使ってもらおうと、準備を進めていたものです。

昨日のケアプログラムでお披露目して、何人かの子どもたちが早速チャレンジしていました。ほとんどの子が初めての卓球で、ボールを相手コートに返すのに四苦八苦していましたが、「面白い」「あたしにもできる(女の子)」など反応は上々のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月26日 (土)

ケアプログラム(14歳~)

Img_3682

今週末で一学期が終わった学校が多く、今日のケアプログラム(14歳以上のエイズ遺児を対象)には、いつもより多い48名のエイズ遺児が参加しました。

第5期研修生らと会うのが初めてという遺児が多かったので、プログラムが始まる前に自己紹介の時間を10分ほど。前回のケアプログラム(13歳以下のエイズ遺児を対象)の時よりも、英語・ルガンダ語ともにずっと上手になったようで、たった3週間ですが研修生らの成長を感じました。

春名くんは、自己紹介の最後に得意の歌を披露して、やんやの喝采を浴びていました!英語が国際語として世界で広く使用されて久しいですが、ウガンダにいると、言語以上に歌や踊りがコミュニケーションのツールとして役立つ場面に出くわします。言葉を学ぶことはもちろん大切ですが、そればかりにとらわれずに、ぜひ日本人のボランティアには体当たりのコミュニケーションでぶつかっていってほしいと思います。

さて、今日のケアプログラムのテーマは「目標をもつことの重要性」でした。人生において目標や夢を持つことの重要性と、いかにそれを達成していくかということについて、講義や遺児同士の話し合いの場を持ちました。学期末試験の成績が出たばかりのタイミングにはなかなか良いテーマだったと思うのですが、子どもたちはすっかり学期休みモードで、話し合いよりも、昼食後に行った“達磨さんが転んだ”のほうが盛り上がったようです(苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月24日 (木)

寺子屋ホール建設進捗状況

Photo

1_2

今年の2月から始まった「寺子屋ホール」の建設ですが、現在工期の半分が過ぎ、屋根や壁も出来て随分それらしくなってきました。

今週頭に、設計者も交えた建設中間会議を開催し、これまでの建設状況を確認、竣工までのスケジュールなどを調整しました。竣工式は7月22日に行う予定です。既に寺子屋で学んでいる子も、新規登録を待っている子も、完成をいまや遅しと待っています。

とにかく、雨季が始まる前に屋根を設置することができ一安心です。写真はこの建物の外観と中心部になる教室です。

*建設プロジェクトの正式名称は、「エイズ遺児のための識字教育施設建設」。日本政府の「草の根無償・人間の安全保障資金協力」を利用して実施されています。寺子屋教室の活動拡大を主目的に、図書室、ボランティア宿舎を併設した、教室(ホール)を建設中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月22日 (火)

トレーニングデイ

先週の土曜日は、ケアプログラムではなく、コミュニティワーカーの為のトレーニングデイでした。*デンゼル・ワシントン主演の秀作映画「トレーニングデイ」とは関係ありません(笑)。

普段、エイズ遺児の登録や、家庭訪問、プログラムの連絡などに協力してくれる地域のボランティアをコミュニティワーカーと呼びます。そのコミュニティワーカーを対象に、年に2回~3回程度、心のケアへの理解を深めたり、実践方法を学んだりするためトレーニングプログラムを開催しています。

スタッフもできる限りエイズ遺児の家を訪問するように心がけていますが、なんといってもこうした地域社会のボランティアがエイズ遺児家庭に一番近い場所に居ることは間違いありません。あしながウガンダ創設以来のポリシーである、「魚を与えるのではなく、魚のとり方を教える」形の支援のためには、こうした地域社会のキャパシティー・ビルディング(能力開発)が欠かせません。

今回のトレーニングのトピックは「非行少年・少女への関わり方」で、講義形式を取りながら、青少年育成の方法を学びました。これは、素行の悪さが目立つエイズ遺児が増えてきたことを受け、コミュニティワーカーからリクエストのあったテーマを選びました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月19日 (土)

中間テスト

Img_3494

火曜日、木曜日と寺子屋教室で中間テストを行いました。昨年末はテストを実施しなかったので、子どもたちにとっては今回が初めて(小テストを除いて)のテストです。

普段は腕白で元気一杯の生徒たちが、緊張の面持ちで試験を受ける姿はなかなか見ものでした。頭をカキカキ。視線をキョロキョロ。テストになるととたんに落ち着きを無くす子がいるのは万国共通でしょうか(笑)。自分の小学校時代に、あまりにもそっくりなその様子に苦笑してしまいました。

それは置いておいて、とにかく自分の学んだことをテストを通して確かめる機会があるというのは、子どもたちが成長する上で非常に重要なことではないでしょうか。結果が良ければ自信につながりますし、悪ければ自分の弱点や復習すべき点が分かります。

当たり前のことのようですが、寺子屋教室に通っているような学校に通えない貧しい遺児らにとって、このテストは決して当たり前ではなく、1回1回が貴重な体験です。

来週、採点された答案用紙を手に取った時の子どもたちの様子が今から楽しみです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年4月17日 (木)

放送日決定!

先日お伝えしたテレビ取材の件ですが、放送日のほうが決定したようなので、早速掲載させていただきます。

番組名「知花くららの地球サポーター」

テレビ東京・5月9日(金)21:54~22:00

寺子屋の様子など放送されるのが楽しみですが、残念ながらウガンダでは見ることができません。お時間のある方はぜひご覧になっていただき、コメントなどを寄せていただければと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年4月16日 (水)

エイズ遺児日本留学プログラム1

Img_0035

早稲田大学で勉強するエイズ遺児、ナブケニャ・リタさんから日本語で書いた手紙をもらいました。正しくきれいな日本語で書かれた手紙を読んで、彼女が日本で過ごした2年間がいかに貴重なものであったかを強く感じます。

そんなリタさんももう大学3年生。自分の後に続く後輩をきっと首を長くしてまっているのではないでしょうか。とは言っても、学費の不足や家庭の事情のため、エイズ遺児で中等教育をしっかり修了できる子はまれです。リタさんの例を受けて、少しずつナンサナでも教育に力を入れるエイズ遺児家庭が増えてきましたが、高校を卒業することはまだまだ高いハードルであることは否めません。

こういった状況の中、幸運にも今年は2名の留学候補者を採用することができました。先日、その1人ナルボワ・クリスティンさんがICU(国際基督教大学)に出願し、4月末に発表される合否の結果を待っています!

*写真はクリスティンさん

続きを読む "エイズ遺児日本留学プログラム1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月13日 (日)

日曜日

通常レインボーハウスは日曜日も開館します。なんと言っても、子どもたちにとっては日曜日が一番自由に遊べる時間ですので。ただここ最近は、日本人の学生たちが帰国したこともあり、日曜日にレインボーハウスに来る子の数が減っていました。

そんな中、今日は久しぶりにたくさんの子どもたちがレインボーハウスにやって来ました。火曜日に新しい日本人の学生たちがやってきたのを聞きつけて会いにきた子が多かったようです。その中には、昨日のケアプログラムに参加した子たちもいました。

日本人やドイツ人のボランティアたちと一緒に話をしたり、外でサッカーをしたりと元気一杯の子どもたちを見ながら、「やっぱりレインボーハウスの日曜日はこうでなきゃ」と一人で悦に入っていました。

まだまだ言葉には不慣れながらも、一生懸命子どもたちの言葉に耳を傾ける学生たちを見て、人は場所に集うんではなくて、人に集うんだということを改めて感じた日曜日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月10日 (木)

第5期生到着!

Img_3555本日ウガンダ研修第5期生が到着しました。春名くん、平田さん、猿田さんの3名です。2004年から始まった研修生の受け入れも、早いものでもう5年目を迎えました。

今年は、大学卒業後にこの研修に参加した猿田さんや、エイズ遺児留学生リタさんと同じ学生寮「心塾」出身の平田さんなど、個性的な面々がそろいました。色々なことに体当たりで挑戦して、ウガンダでしか得られない経験をしてほしいと思います。

青白い顔をした三人が、ウガンダの太陽の下逞しく成長していくのが今から楽しみです。

*写真はエンテベ空港で

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年4月 8日 (火)

テレビ取材

Img_3370先月、草の根無償支援(GGP)関連の取材で、日本からのTVクルーがレインボーハウスを訪問しました。TV東京の「知花くららの地球サポーター」という番組で、今回はウガンダで行われているODA関連の取材だそうです。

あしながウガンダでは、「エイズ遺児のための識字教育施設の建設」というプロジェクトを草の根無償支援を通して、2月にスタートしました。今回はその識字教育プログラム、「あしなが寺子屋教室」を中心にした撮影です。

*写真は寺子屋教室の生徒たちと

続きを読む "テレビ取材"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年5月 »