« 物価上昇 | トップページ | つどいの写真をアップ »

2008年5月19日 (月)

動物園でつどい開催!!

Img_3995

昨日、5月18日(日曜日)、春のつどいをエンテベ動物園(Uganda Wild Life Education Center)で開催しました。

今年初めてのつどいということもあり、たくさんの子どもたちがこの日を楽しみにしてくれていたようです。当日の参加者は183名のエイズ遺児に、スタッフやボランティアを加えて、約200名。招待したエイズ遺児から1名も欠けることがなかったのは、非常に嬉しいことででした。

早朝、ナンサナで集合した際は天気が良かったのですが、動物園のあるエンテベ周辺はあいにくの雨で、少し肌寒い中ウィークラリーをスタート。私たちのグループは2人のガイドさんに案内をお願いし、動物の生態や、植物の植生について詳しく説明していただきました。普段は落ち着きのない子どもたちですが、ガイドさんの説明に限っては真剣に耳を傾けていました。

みんな動物に興味津々の様子でしたが、それ以上に、ビクトリア湖が見えた瞬間に駆け出すなど、普段とは違う場所で1日友だちと一緒に過ごせるということ自体に感激を覚えていたようです。

Img_4080

昼食後には、ビクトリア湖畔でゲームや寸劇の披露などを行ったのですが、この時にはすっかり雨もあがり、湖からの気持ちの良い風に吹かれながら、楽しい時間を過ごすことが出来ました。一番盛り上がったのは、ウガンダ人スタッフのエディ(運転手)と、研修生の春名くん(あだ名がマーフィー)がエディ・マーフィー(笑)というコンビを組んで、ルガンダ語の歌を披露した時でしょうか。

夕方まで、サッカーや「達磨さんがころんだ」で遊んだ子どもたちは、ナンサナに帰らなければいけない時間が来ると、本当に名残惜しそうでした。

「小さい頃、私もよく父親に動物園に連れて行ってもらいました。それは父親が他界した今でも掛け替えのない思い出です。親を失ってしまったことはとても悲しいことですが、あしながウガンダのスタッフや、ボランティアが親代わりにみんなのことを見守っています。くじけずみんなで頑張ろう」、というメッセージをつどいの最後に、スタッフを代表して伝えました。

来週から、また学校が始まります。このつどいが少しでも子どもたちのパワーになってくれたら嬉しいです。

*写真は達磨さんがころんだで子どもたちがフリーズしている様子

|

« 物価上昇 | トップページ | つどいの写真をアップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143075/21039096

この記事へのトラックバック一覧です: 動物園でつどい開催!!:

« 物価上昇 | トップページ | つどいの写真をアップ »