« 新・日本人ボランティア | トップページ | Outing 2010 »

2010年4月13日 (火)

HIVテスト

日本は桜が咲き乱れている頃でしょうか。

ウガンダでは雨期が明け、乾期に突入し毎日暑い日々です。

先週の土曜日にあしながウガンダではHIVテストを行いました。

対象はあしながウガンダに登録されている子どもとその保護者です。

あしながウガンダでは定期的にHIVテストを行うようにしています。

エイズで親、家族、親戚などをなくしている子どもやその保護者達にいち早く自分の状態を知ってもらうためです。

HIV/AIDSは現在、完治することはできませんが、適切な医療行為を受けることによって普通の人と変わらずに生活を続けることができます。

今回は、外部の医療を扱っている団体にお願いをし、テストを行いました。Img_2187

 

テストはキットを使って行います。

簡単なテストで、針で血を出しその血を検査キットの液体にさらすと陽性または陰性がわかります。

約1分ほどで完了するテストです。

テスト前と後にはカウンセリングを行います。

テスト前は集団で説明を含む、カウンセリング。

テスト後は個人カウンセリングを行います。(陰性の場合でも)

もちろん簡易テストなので、陽性が出た場合本格的に病院で検査を受けます。

今回参加したのは、66名でした。

最後に参加者にはコンドームが配られました。Img_2184

 

上の画像はコンドームの入っていた箱です。

ラブ・コンドーム
7200個入りです。

自分のステータスを知ることで今後の予防や生活の仕方が変わってきます。

これからもHIVテストを行っていきます。

|

« 新・日本人ボランティア | トップページ | Outing 2010 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新・日本人ボランティア | トップページ | Outing 2010 »